いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


木下恵介の映画の舞台になった春野町気田

現在「はじまりのみち」のタイトルで戦時中の木下恵介が主役の映画が上映中だ。戦時中、気賀から春野町へ疎開するという話で、途中創業明治30年の旅館「澤田屋」に泊まる。この旅館は現在も営業中だ。春野町気田のこのあたりは、昭和の趣があり、さらに春野中学校内には明治時代の王子製紙のレンガ造りの倉庫が残っている。
e0234922_1946425.jpg
澤田屋
e0234922_19463446.jpg
澤田屋
e0234922_19462518.jpg
澤田屋
e0234922_19461679.jpg

王子製紙のレンガ倉庫
e0234922_1946684.jpg
王子製紙のレンガ倉庫
e0234922_19455574.jpg
王子製紙のレンガ倉庫
e0234922_19454518.jpg
王子製紙のレンガ倉庫

e0234922_19453669.jpg
気田の街並み
e0234922_1945267.jpg
気田の街並み
e0234922_19451715.jpg
気田の街並み
e0234922_1945843.jpg
気田の街並み
e0234922_1944587.jpg
気田の街並み
e0234922_19444961.jpg
気田の街並み
e0234922_19444043.jpg
気田川
e0234922_19443197.jpg
気田川

気賀から春野町に行くには現在だと国道362号線が近い。石松騙し打ちの都鳥一家の都田を通り、陸軍中野学校二俣分校付近を通る。木下恵介が浜松に戻るきっかけとなった映画「陸軍」の公開は1944年であるが、この年この中野学校二俣分校から小野田少尉がフィリピンのルバング島に赴任し、以来1974年まで戦い続ける。小野田少尉は、米兵やフィリピン軍兵士、フィリピンの警察官を多数殺害したが、フィリピンでは小野田少尉の行動は戦争行為扱いになっていたため、犯罪者では無く逆に「立派な軍人」とマルコス大統領にいわしめ、恩赦になった。小野田少尉にとってはこの時が終戦である。余談だが1974年といえば、はじまりのみちの映画で主役を務めた加瀬亮が生まれた年である。まさに戦後の生まれである。
[PR]
by neo-trip | 2013-06-15 19:48 | 明治大正昭和の街並み
<< 森の石松終焉の地を行く 松平家(徳川)のふるさと松平郷... >>