いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日本史跡紀行( 2 )

今も残る江戸時代からの採石場、室岩洞(伊豆松崎)

伊豆はいい石が採れる。伊豆松崎にある室岩洞の石は江戸城の石垣にも使用された。今も当時のまま残っている。8:30〜17:00までは照明が点く。
e0234922_973042.jpg
e0234922_97161.jpg
e0234922_963511.jpg
e0234922_962118.jpg
e0234922_953867.jpg


[PR]
by neo-trip | 2013-03-26 09:07 | 日本史跡紀行

江戸城の石垣のための石切場(伊豆雲見霊廟)

伊豆はいい石が採れる。江戸城築城のおり、伊豆雲見から石垣の石を採掘することになった。石は大きく綺麗に四角に切り取られていて職人さんの技術の高さを感じる。

e0234922_215179.jpg
e0234922_2150469.jpg
e0234922_21503675.jpg
e0234922_21502839.jpg
e0234922_21502061.jpg
e0234922_21501366.jpg
e0234922_2150532.jpg
e0234922_21495739.jpg


結構高い階段を登るのだか、両脇には地蔵がずらっと並んでいる。亡くなられた方の為の物だろう。なにしろここは霊廟なのだ。供養して欲しい…私。



[PR]
by neo-trip | 2013-03-22 21:52 | 日本史跡紀行