いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旧カブトビール半田工場、中島飛行機倉庫

愛知県半田市に、明治時代の赤煉瓦の大きなビール工場がある。現在は使われていないが、戦時中は中島飛行機の倉庫として使用されていた。その為、ここは硫黄島から来た米軍の戦闘機による機銃掃射の標的にされた。
e0234922_22172561.jpg
e0234922_22171542.jpg
e0234922_2217686.jpg
e0234922_22165668.jpg
e0234922_22164859.jpg
e0234922_22164027.jpg
e0234922_22163373.jpg
機銃掃射の後
e0234922_2216257.jpg

余談だが、松代大本営の穴掘りに使用した労力を硫黄島に費やせば硫黄島を占領されることは無かったかも知れないという人もいる。

[PR]
by neo-trip | 2012-08-28 22:19 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)

新撰組局長近藤勇先生の墓参りに行く(岡崎)

岡崎は松平家発祥の地である。その地に近藤勇の首が祀られている。長い間近藤勇の首は見つからなかったのだが、岡崎の法蔵寺から近藤勇の石碑がみつかった。石碑には土方歳三他伝習隊の隊士の名が刻まれている。寺の記録によると、三条大橋にさらされていた近藤勇の首を同士が盗んで、近藤勇が生前尊敬していた和尚に埋葬を頼んだ。当時は石碑が見つかるとまずいので、土で隠して無縁仏のようにしていた。明治以降国賊だった新撰組も戦後になって汚名挽回したので現在は堂々と祀ってある。
e0234922_21523192.jpg
e0234922_21522174.jpg
e0234922_21521220.jpg
e0234922_2152441.jpg
e0234922_21515630.jpg
法蔵寺
e0234922_21514646.jpg
e0234922_21513420.jpg
首塚の上に東照宮がある。徳川幕府のために最後まで戦った近藤勇にとって、徳川家康と同じ地に祀られるのは本望ではないのだろうか。

[PR]
by neo-trip | 2012-08-28 21:56 | 新撰組とその周辺 | Comments(0)

Z旗を掲げろ!都会にある戦艦「三笠」(横須賀)

Z旗とは、日本が国難に立ち向かうときに掲げる旗である。日露戦争時、もう後がない日本がロシアのバルチック艦隊と雌雄を決するとき、戦艦三笠がZ旗を掲げ、見事バルチック艦隊を撃破した。その戦艦三笠が、進駐軍の魔の手から逃れ現在も生きながらえている。現物はとても大きいので、これなら今でも米国に勝てるんじゃないかと知人に言ったら、蒸気艦が原子力艦に勝てると思う?と相手にされなかった。なるほど。

e0234922_1115716.jpg
Z旗
e0234922_1114629.jpg
打っちゃえ
e0234922_1113797.jpg
大きい
e0234922_1112651.jpg
日章旗
e0234922_1111871.jpg
動く
e0234922_111915.jpg
狙う
e0234922_111193.jpg
部屋からも打てる
e0234922_1105055.jpg
やってしまえ

Z旗は、太平洋戦争時、これも後が無くなった日本が真珠湾攻撃を仕掛けたときに「Z旗を掲げよ!」と言ったとか言わなかったとかの由緒ある旗である。今、世界に向けて久しぶりに掲げてみたらどうだろう。

[PR]
by neo-trip | 2012-08-19 01:12 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)

浜松戦時中絵はがき

e0234922_21495611.jpg
今の浜松市静岡大学工学部の所にあった歩兵第67連隊
e0234922_21494362.jpg
現在の浜松航空自衛隊の所にあった浜松飛行第7連隊に昭和天皇がご訪問
e0234922_21493523.jpg
浜松飛行第7連隊
e0234922_21492665.jpg
浜松飛行第7連隊
e0234922_2149184.jpg
浜松飛行第7連隊
e0234922_2149996.jpg
日露戦争時の浜松市内にあった凱旋門
[PR]
by neo-trip | 2012-08-16 22:05 | 無くなってしまったもの | Comments(0)

終戦記念日に東条英機閣下の墓参りをする(三ヶ根山)

e0234922_19123827.jpg
e0234922_19123066.jpg

e0234922_1912896.jpg
e0234922_1912191.jpg
爆撃機飛龍のエンジン

愛知県幡豆町の三ヶ根山スカイライン内に東條英機、武藤章、松井石根、木村兵太郎、土肥原賢二、広田弘毅、垣征四郎の7人が祀られている。この7人はA級戦犯として遺骨は米国がどっかへ捨てちゃうところを三文字正平弁護士と興禅寺住職市川和尚と飛田火葬場長が密かに持ち帰って伊豆に密葬していた。その後この地へ祀られることになった。
[PR]
by neo-trip | 2012-08-15 19:13 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)

怪しい神社仏閣に神頼みする(三谷温泉・大聖寺、金剛寺)

いよいよ人生に行き詰まった私は蒲郡市三谷温泉にある「大洞窟延命十界めぐり」に行ってきた。三谷温泉の温泉街にある大聖寺内に洞窟がある。洞窟と言っても建物内にある人口に作られた物である。神様仏様がいたと思ったら、結局地獄があった。
e0234922_20343248.jpg
e0234922_20342376.jpg
e0234922_2034111.jpg
e0234922_20334595.jpg
e0234922_20332522.jpg
e0234922_20331293.jpg
e0234922_2032597.jpg
e0234922_20324722.jpg
e0234922_20323556.jpg
e0234922_20322697.jpg
e0234922_20321440.jpg
e0234922_2032343.jpg
e0234922_20315082.jpg
付近のお店は潰れていた。

帰りにひときわ大きな弘法大師様がいたので、ついでに金剛寺に寄っていく。人生の生き残りをお願いしたが子授け安産守護の大師様だった。
e0234922_2036854.jpg
e0234922_20365151.jpg
e0234922_2037073.jpg
三谷温泉全景、遠くは竹島
あぁ、なんだか生き返った。

[PR]
by neo-trip | 2012-08-14 20:38 | 神頼みをする私 | Comments(0)

ひさしぶりにシビック1200RSで鳳来湖に行く

e0234922_21382850.jpg
e0234922_21381943.jpg
e0234922_2138555.jpg
e0234922_21375381.jpg
e0234922_21374246.jpg
e0234922_21373128.jpg
e0234922_21371670.jpg
e0234922_213775.jpg
e0234922_21365773.jpg
愛知県鳳来湖の奥に行ってみた。結構な秘境だった。
e0234922_21394474.jpg


[PR]
by neo-trip | 2012-08-11 21:38 | ダムとその風景 | Comments(0)

中島飛行機地下工場(掛川)

空襲が激しくなり、各地の軍事工場が被害を受ける中、各地で地下工場が作られた。掛川には中島飛行機地下工場があった。朝鮮の人たちを強制連行したようだ。いまでもその痕跡が残っている。
e0234922_16341849.jpg
e0234922_21234890.jpg
e0234922_21225660.jpg

[PR]
by neo-trip | 2012-08-11 21:24 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)

松代大本営に神国日本の魂を見る(長野)

e0234922_19273590.jpg
e0234922_19272877.jpg
e0234922_19271224.jpg
e0234922_19265482.jpg
e0234922_19264555.jpg
天皇の部屋


太平洋戦争末期、本土決戦に備えて大本営を天皇ごと、長野の松代の、それも地下に移そうという壮大な計画が実行されようとした。実行前に終戦を迎えたので残念ながら完成してはいないが、地下に網目のように相当広い範囲で穴が掘られた。天皇の御所はそこから週百メートルの所に作られた。現在天皇の部屋を建物の外の窓からこっそり見ることが出来る。
ここは、韓国人強制連行とか、従軍慰安婦とか、とかく非難の対象になっている。もっともだが、鬼畜米英(当時の感覚)相手に本土決戦するなら、まず、天皇を守らなければならない。軍部は地下に潜ってテロ活動を余儀なくされるかも知れない。鬼畜な人たちに天皇がやられたら日本は終わりだ。このように考えると一概にここの計画が間違っているとは思えないし、理にかなっている。現代の考えで当時の事を批判するのは無意味である。
[PR]
by neo-trip | 2012-08-11 19:44 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)

陸軍伊良湖試験場気象観測塔(愛知県)

e0234922_1229258.jpg
e0234922_1229794.jpg
気象観測塔を登ってみる
e0234922_12285680.jpg
e0234922_12284517.jpg
無線電信所と火力発電所(今大活躍している)
e0234922_12283395.jpg
e0234922_12281843.jpg
e0234922_1228754.jpg
e0234922_12275430.jpg
e0234922_1227411.jpg
e0234922_12264314.jpg
e0234922_12263186.jpg
明治時代の政府は日本中の海沿いに様々な軍事施設を作った。要塞も多い。それらは、太平洋戦争の時にも引き続き使われた。そしてそれらの施設は地元の農家に払い下げられて、資材置き場とかに現代も使っている。そのおかげでこうして遺跡を見ることが出来る。
e0234922_12261990.jpg
伊良湖といえば大あさり(500円)
伊良湖の観光は今大変である。以前は伊勢に行くには伊良湖を通ってフェリーで行くのが通常だったのだが、高速道路が出来てフェリーを使うお客さんがさっぱりになってしまった。フェリーも廃止が決まっていたのだが、キムタクのヤマトのロケで盛り返して存続が決まったそうだ。(たぶん?)
[PR]
by neo-trip | 2012-08-11 12:35 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)