いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

命乞いしないのだ、スネえもん!愛知県新城市

e0234922_036895.jpg
鳥居強右衛門の墓(新昌寺)
e0234922_03611.jpg
新昌寺
e0234922_0355356.jpg
鳥居強右衛門はりつけの場所
e0234922_0354480.jpg
鳥居強右衛門はりつけの場所付近の風景
e0234922_0353711.jpg
鳥居強右衛門はりつけの図
e0234922_0353191.jpg
長篠城址
e0234922_0352463.jpg
長篠城址

信玄の死後、武田を裏切り徳川に寝返った奥平貞能の長男、貞昌の居城、長篠城がいよいよ勝頼により落城寸前の時、家臣の鳥居強右衛門と鈴木金七郎重政が岡崎の徳川家康に援軍を求めに長篠を脱出した。家康、信長の援軍の約束を取り付けたスネえもんは家康が休んでいくようにいったのだが、援軍が来ることを一刻も早く城内に知らせなければならないので直ぐに長篠に引き返す。鈴木某はお言葉に甘えて岡崎に残った。スネえもんは長篠城に戻る途中で武田軍に捕まり、援軍が来ないと城に向かって叫ぶように命令されたのだが、援軍が来ることを城内に告げ、はりつけになって処刑された。長篠城の兵士達の士気は上がり、援軍もやってきて、武田軍は敗戦し、つづく設楽原の戦いでも破れ武田滅亡のきっかけとなる。それでも勝頼はスネえもんの行動に感心していたようだ。さらにその家臣もスネえもんのはりつけの姿を絵に描いて、自分の旗印にした。武士たるものこうでありたいと思ったのだろう。今に残るスネえもんの絵の元はこの時の絵だ。スネえもんもすばらしいが武田もたいしたもんだ。余談だが、赤穂浪士で討ち入りに加わらなかった者がいたのだが、その子孫は世間に臆病者、裏切り者呼ばわりされて士官が出来なかったそうだ。その反面討ち入りに加わった子孫は優遇されたらしい。スネえもんの子孫も家老になったり優遇された。
大東亜戦争中はスネえもんの行為は、東条英機閣下の軍人として取るべき行動を示した「戦陣訓」に相当すると言うことで学校などで子供達に軍神のような感じで教えた。「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず」というのが「戦陣訓」にある。ただ、これは捕虜になるくらいなら死んでしまえ。という意味ではなく。軍人として恥ずかしくない行動を取れという意味で、そのように考えることによって強く生きていけるという意味である。命乞いをしないという覚悟があれば強く生きていけるのだ。たとえ死んだとしても納得して死ねるというものだ。
[PR]
by neo-trip | 2013-02-21 00:41 | 戦国の地を行く私

武田鬼門の地、愛知県新城市設楽

e0234922_21472561.jpg
野田城址
e0234922_21471477.jpg
笛を吹いて信玄公をおびき出して撃ったという伝説から野田城址では笛の盆なる催し物がある。
e0234922_2147281.jpg
e0234922_21464821.jpg
信玄公を撃った銃(新城市設楽原歴史資料館)
e0234922_21463998.jpg
勝頼の合標(新城市設楽原歴史資料館)
e0234922_21463049.jpg
(新城市設楽原歴史資料館)
e0234922_21461822.jpg
(新城市設楽原歴史資料館)
e0234922_2146949.jpg
信玄塚
e0234922_21455562.jpg
e0234922_21454766.jpg
ここに武田の霊が出る
e0234922_21453870.jpg
町中に戦いの址がある
e0234922_21453179.jpg
e0234922_21452346.jpg
e0234922_21451469.jpg
家康が見た風景

愛知県設楽は、武田信玄上洛途中、野田城で鳥居三左衛門に撃たれた傷が元で死んだと言われる地である。信玄亡き後、勝頼は徳川・織田の連合軍に、長篠での戦いに敗れ、設楽ケ原の戦いでも多大な損害を出すことになる。この戦の結果が武田家滅亡のきっかけとなる。この戦いの場所に新城市設楽原歴史資料館があり貴重な資料が展示してある。その近くで武田軍の慰霊を祀る信玄塚を掃除していたおばさんによると、戦いの後は村中死体だらけだったと、先祖代々語り継がれているそうだ。毎年お盆には死者を供養するための火祭り「火おんどり」が400年以上も行われている。この地に武田の霊が出るので、家康が霊を鎮めるために行うようになったとか。この祭りには遠く武田の地、甲斐からも大勢の人が来る。祭りの日、地元の若者が信玄塚に座って焼きそばを食べていたら、武田方の人に怒られていたとの証言も得た。おはずかしいことである。
[PR]
by neo-trip | 2013-02-19 21:52 | 戦国の地を行く私

武田勝頼の墓参りをする(山梨・景徳院)

e0234922_2374023.jpg
甲斐大和駅付近にある勝頼の像
e0234922_2373286.jpg
勝頼の妻北条夫人
e0234922_2372494.jpg
景徳院の仁王門
e0234922_2371517.jpg
仁王像
e0234922_237661.jpg
信勝、勝頼、北条夫人の墓
e0234922_236401.jpg
景徳院前の土産物屋


人間落ち目になると打つ手打つ手がうまくいかないものである。それは本人の能力だけではどうにもならない。天も敵になるのだ。長篠の戦いに敗れ、高天神城も落城し、落ち目になった勝頼は信長の追っ手を逃れて、甲斐の天目山で妻と子と共に自害した。勝頼も決して凡人ではないが、家臣による内部告発や信玄と比べられてどうしても家臣領民を掌握できなかった。信玄餅はあるのに勝頼餅はない(あったらすまん)のもそのせいだろう。ちなみに家康の長男、信康には信康餅がある。信長とも和平を画策したが、信長に命乞いは無駄なのだ。だから明智光秀は本能寺で信長に討って出たのだ。決して裏切り者ではない。やらなければやられるのだ。落ち目になった者が命乞いしても無駄なのだ。だったら最後まで戦わなければならない。さもなくは逃げるだけ逃げるのだ。
その後徳川家康が山梨の大和村に勝頼と妻子の菩提所(現在の景徳院)を建てた。家康はフォローが上手い。長生きの秘訣である。愛知県や静岡県の家康ゆかりの地では戦没した武田軍を祀る供養塔や踊りが現代も残っている。一説には家康はとても臆病で死んだ武田軍の霊が怖かったともいわれている。人間、臆病で結構。そして最後まで戦うのだ。
[PR]
by neo-trip | 2013-02-17 23:12 | 戦国の地を行く私

横溝正史の書斎探訪(山梨)

人生八つ墓村で仕事場が獄門島で家庭が犬神家の一族の私は山梨に落ちのびた。山梨の笛吹川フルーツ公園に横溝正史が昭和30年頃から晩年まで書斎として使っていた家が移築されている。表向きは寄付だが実は影で金が動いているのだ。世の中とはそおゆうものだ。昭和30年頃の家というのは取り立てて立派ではない。高度成長期の安普請である。中に入ると、いかにもマニアらしい薄笑いを浮かべた女が座っていて、同じくマニアらしい男達と横溝正史の知識自慢をしていた。なんやらインターネットで知り合った連中がここでオフ会を開いているようだ。いつまでも書斎から出ないので写真が撮れなくて迷惑である。
e0234922_22534521.jpg
とりあえず駅前で名物ほうとうを食べる。
e0234922_22533849.jpg
横溝正史が寝ていたところ
e0234922_22533089.jpg
生原稿
e0234922_22532281.jpg
金田一事務所の看板
e0234922_22531517.jpg
e0234922_2253689.jpg
e0234922_22525960.jpg
e0234922_22525173.jpg
e0234922_22524331.jpg

家の中には江戸川乱歩からの手紙とか正史の原稿とか貴重な資料がある。
公園内に温泉があるが長居が出来ない身の上なので早々に立ち去る。
[PR]
by neo-trip | 2013-02-16 23:02 | わがまち偉人伝

山の奥の奥、佐久間町奥領家〜山住神社苦難の道

愛車のシビック1200RSが動かなくなったのだが、単なるオイル切れでオイル交換したら調子が戻ったので、試しに山奥に行くことにした。とりあえず佐久間町奥領家にある旧城西小学校野田分校に向かう。途中、北条峠でそばを食べる。野田分校に入るとき近所のおばさんに挨拶してから入った。今年からは、お天道様に顔向けできる生き方をしようと思い、無断で撮影することはやめたのだ。
e0234922_1644012.jpg
北条峠
e0234922_16443812.jpg
民俗文化伝承館(注:土・日・祝のみ営業)
e0234922_16442450.jpg
内部
e0234922_16441545.jpg
内部
e0234922_1644870.jpg
手打ちそばを食べることができる
e0234922_16434947.jpg
野田の景色
e0234922_16433611.jpg
野田分校前
e0234922_16432810.jpg
野田分校
e0234922_1643479.jpg
e0234922_16424034.jpg
e0234922_16422966.jpg
e0234922_16422451.jpg
e0234922_16421760.jpg
野田の景色
e0234922_1642717.jpg
水窪から山住神社に行く途中にある布滝
e0234922_16525864.jpg

e0234922_16415366.jpg
e0234922_16413625.jpg
わき水があった
e0234922_16412487.jpg
山住神社
e0234922_1641161.jpg
e0234922_1641929.jpg
e0234922_16405929.jpg
e0234922_16405283.jpg
e0234922_16592335.jpg
秋葉神社への道は通行止めだった
e0234922_16402984.jpg

山住神社から春野町に向かうが、いつ車が動かなくなるのかどきどきしながら走った。結局何事も起こらなかった。人生とはそういうものだ。
[PR]
by neo-trip | 2013-02-04 16:54 | 山間の集落を訪ねる