いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

旧海軍の最後の秘密兵器実験所「牛尾実験所」取り壊し、島田市

世の中には知らないうちに無くなってしまうものが沢山あります。島田市にある旧海軍秘密実験所が山もろとも無くなってしまいます。
大東亜戦争末期、海軍では電磁波でB29を撃ち落とすべく大実験を島田市の牛尾山で行っていた。ノーベル賞学者の湯川秀樹も実験に参加したZ兵器(最終兵器の意)と言われる「マグネトロン」という電磁波兵器は、戦争には間に合わなかったが、パラボラ型の砲塔を搭載するこのシステムは、ゴジラなどの特撮映画ではよく目にすることが出来る。製作者が当時の実験を知っていたのではないかとも思ってしまう。その実験所の遺構が牛尾山もろとも無き物にする計画が進行中だ。昔から大井川の洪水の被害はこの牛尾山によって流れが変わることが原因だった。あの山之内一豊も洪水対策に尽力した。近年では大井川にさまざまなダムも完成し、平成15年の台風では被害は1件だった。その後被害は報告されていない。
e0234922_19482584.jpg
e0234922_19481613.jpg
e0234922_1948670.jpg
グーグルより


牛尾山はハイキングコースもあり、展望台もあって市民の憩いの場だったのだが数年後にはなくなってしまうそうだ。
[PR]
by neo-trip | 2014-05-22 19:57 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(2)

傷痍軍人のための療養所 箱根療養所(神奈川県小田原市)

日中戦争により下半身麻痺などになった傷痍軍人さんのための施設が箱根療養所です。当初は施設内に温泉を引いてありました。戦後は一般の患者さんも受け入れ、また、傷痍軍人さんの家族も一緒に暮らせる療養所となりました。
e0234922_2213779.jpg
e0234922_2212982.jpg
e0234922_2212241.jpg
e0234922_2211449.jpg
e0234922_221774.jpg
e0234922_221041.jpg
e0234922_2204910.jpg
e0234922_2204192.jpg
e0234922_2203173.jpg
e0234922_2202378.jpg
e0234922_2201637.jpg
e0234922_220786.jpg


現在この建物は使われていませんが隣接した国立箱根病院がその精神を受け継いでいます。

昭和40年代ぐらいまでは街頭や地下道などで傷痍軍人さんをよく見かけました。子どもの頃、松菱百貨店の地下道で白い服装で片足のない方がアコーディオンを弾いて、両足のない方が座っていました。母からお金を貰って募金箱に入れたのですが、子どもの頃は彼らは身体が悪いので働けなくてお金に困ってるんだろうななどと失礼なことを思ったものですが、今思うとしっかりと正装して本当の戦争の姿を私たちに残そうとする彼らの戦いだったのです。

2013年に日本傷痍軍人会は解散しました。以下は、その年の日本傷痍軍人会最後の式典に出席した天皇陛下のおことばです。

 戦傷病者特別援護法制定50周年並びに財団法人日本傷痍軍人会創立60周年の記念式典が行われるに当たり全国から集まられた皆さんと一堂に会することを誠に感慨深く思います。
 昭和20年の終戦以来68年の歳月がたちました。国のために尽くし戦火に傷つきあるいは病に冒された戦傷病者の皆さんが歩んできた道のりには計り知れない苦労があったことと察しています。そのような中,皆さんが互いにまた、家族と手を携えつつ幾多の困難を乗り越え今日の我が国の安寧と繁栄を築く上に貢献してこられたことを深くねぎらいたく思います。戦傷病者とその家族が歩んできた歴史が決して忘れられることなく皆さんの平和を願う思いと共に将来に語り継がれていくよう切に希望してやみません。
 この機会に戦傷病者と苦楽を共にし援護のため、たゆみなく努力を続けてきた家族を始めとする関係者に対し、深く感謝の意を表します。
 終わりに当たり、高齢の皆さんがくれぐれも体を大切にし共に励まし助け合って今後とも元気に過ごされることを願い、式典に寄せる言葉といたします。
[PR]
by neo-trip | 2014-05-16 22:06 | 戦争遺跡を訪ねて | Comments(0)

今も残る産業遺跡、峰之沢鉱山、久根鉱山(浜松市天竜区)

明治に始まり昭和の戦時期から高度成長期まで峰之沢鉱山の銅は日本の産業を支えてきた。今でも当時の建造物が残っている。また、団地の趣がある従業員の宿舎も残っている。戦時期はここに韓国や中国の人も働いていた。
e0234922_20445390.jpg
峰之沢鉱山従業員の宿舎
e0234922_20444428.jpg
峰之沢鉱山従業員の宿舎
e0234922_20443419.jpg
峰之沢鉱山従業員の宿舎
e0234922_20442215.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_2044112.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_20435220.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_20432391.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_20431326.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_2043090.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_20424622.jpg
峰之沢鉱山選鉱場
e0234922_20414418.jpg
峰之沢鉱山選鉱場


e0234922_2145844.jpg
久根鉱山付近のお店で天ざるそばを食べたのだが意外なほど豪華だった
e0234922_2141897.jpg
久根鉱山付近の町並み
e0234922_2151441.jpg
久根鉱山
e0234922_21574.jpg
久根鉱山
e0234922_2150100.jpg
久根鉱山
e0234922_2145256.jpg
久根鉱山
e0234922_2144436.jpg
久根鉱山
e0234922_214369.jpg
久根鉱山
e0234922_2142797.jpg

久根鉱山は江戸時代から昭和の高度成長期まで続いた硫化鉄鉱山です。

[PR]
by neo-trip | 2014-05-10 20:47 | 産業遺跡 | Comments(0)