いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ご存じ山本勘助と、なぜか今川義元の墓参りをする。(豊川)

愛知県豊川市は、あの風林火山の山本勘助が養子に行った地である。ここには勘助の墓がある。また、勘助の屋敷の近くの長谷寺には、勘助がいつも身に付けていた摩利支尊天像が祀られている。数年前の大河ドラマ「風林火山」のときに、この像のレプリカを作るためにNHKが取材に来たのを期に、それまで普通に置いていた摩利支尊天像を立派な塔に入れて飾るようになったと和尚さんが言っていた。また、この寺には勘助直々の書がある。こういった書は、だいたい経理関係や御礼の書である。私が適当に「この度は○○を賜りまことにありがとうございます。」と読んでいたら、この書の内容を知っている人が、読めるのですか?と驚いていた。
e0234922_2115714.jpg
山本勘助の墓
e0234922_2114724.jpg
摩利支尊天像
e0234922_211373.jpg
山本勘助コーナー
e0234922_2112613.jpg
山本勘助の書
e0234922_2111778.jpg
山本勘助養父の屋敷跡
e0234922_211914.jpg
今川義元の墓に行く途中にある郵便局址
e0234922_211172.jpg
今川義元の墓に行く途中にある家
e0234922_2105322.jpg
今川義元の墓がある大聖寺
e0234922_2104577.jpg
今川義元の墓

勘助の養父の屋敷跡から少し豊川駅方面の線路沿いを西へ行くと今川義元の墓がある。どうしてこんな所に墓があるのか長谷寺の和尚さんに訊くと、桶狭間の合戦で信長に討ち取られた今川義元を、首は討ち取られていたので胴体だけを駿河に運ぶ途中、胴体が腐敗してしまい、この地に墓を作ったそうだ。豊川は当時、今川氏の勢力圏内だったので墓を作ることが出来た。
余談だが現在NHK大河ドラマの「八重の桜」の山本八重は山本勘助の山本家の家系である。山本家は武田家が滅んだときに会津の方へ逃げたらしい。更に言うと山本五十六もこの山本家の家系である。
余談の余談だが明智光秀の明智家の家系には桜吹雪の遠山の金さんがいる。
[PR]
by neo-trip | 2013-03-18 21:07 | 戦国の地を行く私
<< 明智光秀と遠山の金さんの墓参り... 命乞いしないのだ、スネえもん!... >>