いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。
by neo-trip
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
山間の集落を訪ねる
天竜舟下り
明治の遺跡
中山道
姫街道を歩く
飯田線を行く
大衆演劇を楽しむ
豊田正子と高峰秀子
古道を歩く
岡崎八丁味噌今昔
秋葉山を登る
嗚呼シビック1200RS
史跡のある風景
ダムとその風景
わがまち偉人伝
城址のある風景
廃校を訪ねて
無くなってしまったもの
戦争遺跡を訪ねて
神頼みをする私
明治大正昭和の街並み
赤線地帯を行く
新撰組とその周辺
日々生きていく私
ぼくらのかぞく
戦国の地を行く私
消えた鉄路を行く
日本史跡紀行
清水次郎長とその周辺
江戸を切る
神様の居る山を登る
産業遺跡
世界遺産
明治大正昭和の建物
秋葉街道を行く
遊園地・観光施設
明治大正昭和の人たち
博物館美術館
Z級グルメを求めて
未分類
以前の記事
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
トリップ管理人の部屋
メモ帳
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
Flemtam
from Flemtam
滝見橋にグッドデザイン賞..
from ローカルニュースの旅
garciniacamb..
from garciniacambog..
手筒花火が勇壮に 松平東..
from ローカルニュースの旅
あすイベント開催 昭和の..
from ローカルニュースの旅
映画「はじまりのみち」そ..
from soramove
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
トリップversion3をご..
at 2015-02-21 21:08
大日影トンネル跡を行く
at 2015-01-18 19:02
なつかしのたぬきケーキ期間限..
at 2015-01-17 18:16
青崩峠を越えようと試みる
at 2014-09-27 22:23
今に残る久根鉱山の建築物
at 2014-09-23 20:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:戦争遺跡 ( 16 ) タグの人気記事

渥美の森の戦争遺跡 小塩津観測所

伊良湖射場から伊良湖岬への遠距離射撃の観測する施設が小塩津町にある小塩津観測所である。レンガ造りで明治期の建物である。古田町にある福江射場とともに砲弾の性能を調査していた。渥美の森の頂上付近にある神社の裏にある。
e0234922_209559.jpg
e0234922_2094713.jpg
e0234922_2093963.jpg
e0234922_2092862.jpg
e0234922_2092043.jpg
e0234922_209936.jpg
e0234922_2084029.jpg
e0234922_2083136.jpg
e0234922_2081861.jpg
e0234922_2081016.jpg
e0234922_2082100.jpg
e0234922_2075348.jpg
e0234922_20745100.jpg


[PR]
by neo-trip | 2014-03-21 20:16 | 戦争遺跡を訪ねて

軍人さんの像をお参りする(愛知県田原市)

渥美半島の伊良湖神社入口付近には昭和14年に制作された「小久保幸一郎くんの像」がある。その像の周りを清掃していたご夫婦によると旦那さんのおじさんとのこと。台座には南京攻略に成功した愛知県出身の松井石根大将書の「忠烈」の文字がある。小久保幸一郎さんと松井大将が面識があったかどうかはわからない。松井大将は昭和13年に帰国して日中の犠牲者の供養をしていた。この像は小久保さんと同じ隊だった岡崎の石屋さん達が協力して造ってくれたそうだ。松井大将は戦後部下が南京で行った不正行為の責任をとって処刑された。シンガポール陥落の山下大将も戦後部下の捕虜に対するリンチ等の責任をとって処刑されている。なんだか東京裁判はめちゃくちゃである。
e0234922_23561686.jpg
e0234922_2356914.jpg
e0234922_2356065.jpg
e0234922_23555119.jpg
当時の軍の陣地跡

e0234922_1363920.jpg
殉国七士廟
松井大将はA級戦犯とされ靖国神社に合祀されている。また、愛知県の三ヶ根山の殉国七士廟に東条英機閣下他のA級戦犯の方々と共に祀られている。但し、実際には日本ではA級戦犯というものは存在しない。
[PR]
by neo-trip | 2013-12-03 00:03 | 戦争遺跡を訪ねて

旧陸軍実射試験場伊良湖射場(田原市)

明治34年、陸軍技術研究所伊良湖試験場、通称伊良湖射場が渥美半島に設置された。これらの明治期に作られた施設は太平洋戦争時にも利用された。
e0234922_22562218.jpg
射場で使用するオイルを保管していた。
e0234922_22561490.jpg
e0234922_2256629.jpg
e0234922_22555820.jpg
e0234922_22555178.jpg
e0234922_22554488.jpg
e0234922_22553797.jpg
6階建ての観測塔
e0234922_22552925.jpg
e0234922_2255211.jpg
無線電信所




e0234922_22551255.jpg
帰りがけに見た昭和5年に作られたてっぽう橋
e0234922_2255694.jpg

てっぽう橋の場所です。
[PR]
by neo-trip | 2013-12-02 23:21 | 戦争遺跡を訪ねて

旧陸軍実射試験場伊良湖射場(福江観測所)

伊良湖射場から伊良湖岬への遠距離射撃の観測する施設が古田町にある福江観測所である。レンガ造りで明治期の建物である。
e0234922_22242837.jpg
e0234922_22241941.jpg
e0234922_22241298.jpg
e0234922_22245100.jpg
e0234922_22235563.jpg
e0234922_22234851.jpg
e0234922_22234150.jpg
e0234922_22233388.jpg
e0234922_22232514.jpg
e0234922_22231092.jpg


映画潮騒で浜田光男が吉永小百合にこの射撃の様子を神島観測所の屋上で熱く語るシーンがある。
[PR]
by neo-trip | 2013-12-02 22:33 | 戦争遺跡を訪ねて

旧陸軍実射試験場伊良湖射場(外浜観測所)

明治33年、ロシアが満州に侵攻し、いよいよ日本とロシアの緊張が高まった頃、明治34年に渥美半島の伊良湖に実射試験場が作られた。当時陸軍が使用するほとんどの砲弾がここでテストされた。結局3年後には日露戦争が始まる。現在でも当時の施設が残っている。特に砲弾を観測する施設が多く残っていて伊良湖の恋路ヶ浜から日出の石門に行く途中にあるのが外浜観測所である。
e0234922_2055476.jpg
e0234922_20545668.jpg
e0234922_2271172.jpg
e0234922_20544885.jpg
e0234922_20544095.jpg
e0234922_205430100.jpg


この付近は太平洋戦争時、本土決戦に備えて秘密基地が作られた。
[PR]
by neo-trip | 2013-12-02 21:07 | 戦争遺跡を訪ねて

大砲を祀る神社、静岡県牧ノ原地頭方鎮霊神社

地頭方鎮霊神社はこの地で戦争で亡くなられた方の慰霊碑がある。表忠塔を日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦に参加した防護巡洋艦「秋津州」の大砲にしている。
e0234922_8501590.jpg
e0234922_8495631.jpg
e0234922_8494425.jpg
e0234922_8492471.jpg
e0234922_849355.jpg

[PR]
by neo-trip | 2013-01-17 08:51 | 戦争遺跡を訪ねて

旧カブトビール半田工場、中島飛行機倉庫

愛知県半田市に、明治時代の赤煉瓦の大きなビール工場がある。現在は使われていないが、戦時中は中島飛行機の倉庫として使用されていた。その為、ここは硫黄島から来た米軍の戦闘機による機銃掃射の標的にされた。
e0234922_22172561.jpg
e0234922_22171542.jpg
e0234922_2217686.jpg
e0234922_22165668.jpg
e0234922_22164859.jpg
e0234922_22164027.jpg
e0234922_22163373.jpg
機銃掃射の後
e0234922_2216257.jpg

余談だが、松代大本営の穴掘りに使用した労力を硫黄島に費やせば硫黄島を占領されることは無かったかも知れないという人もいる。

[PR]
by neo-trip | 2012-08-28 22:19 | 戦争遺跡を訪ねて

Z旗を掲げろ!都会にある戦艦「三笠」(横須賀)

Z旗とは、日本が国難に立ち向かうときに掲げる旗である。日露戦争時、もう後がない日本がロシアのバルチック艦隊と雌雄を決するとき、戦艦三笠がZ旗を掲げ、見事バルチック艦隊を撃破した。その戦艦三笠が、進駐軍の魔の手から逃れ現在も生きながらえている。現物はとても大きいので、これなら今でも米国に勝てるんじゃないかと知人に言ったら、蒸気艦が原子力艦に勝てると思う?と相手にされなかった。なるほど。

e0234922_1115716.jpg
Z旗
e0234922_1114629.jpg
打っちゃえ
e0234922_1113797.jpg
大きい
e0234922_1112651.jpg
日章旗
e0234922_1111871.jpg
動く
e0234922_111915.jpg
狙う
e0234922_111193.jpg
部屋からも打てる
e0234922_1105055.jpg
やってしまえ

Z旗は、太平洋戦争時、これも後が無くなった日本が真珠湾攻撃を仕掛けたときに「Z旗を掲げよ!」と言ったとか言わなかったとかの由緒ある旗である。今、世界に向けて久しぶりに掲げてみたらどうだろう。

[PR]
by neo-trip | 2012-08-19 01:12 | 戦争遺跡を訪ねて

終戦記念日に東条英機閣下の墓参りをする(三ヶ根山)

e0234922_19123827.jpg
e0234922_19123066.jpg

e0234922_1912896.jpg
e0234922_1912191.jpg
爆撃機飛龍のエンジン

愛知県幡豆町の三ヶ根山スカイライン内に東條英機、武藤章、松井石根、木村兵太郎、土肥原賢二、広田弘毅、垣征四郎の7人が祀られている。この7人はA級戦犯として遺骨は米国がどっかへ捨てちゃうところを三文字正平弁護士と興禅寺住職市川和尚と飛田火葬場長が密かに持ち帰って伊豆に密葬していた。その後この地へ祀られることになった。
[PR]
by neo-trip | 2012-08-15 19:13 | 戦争遺跡を訪ねて

中島飛行機地下工場(掛川)

空襲が激しくなり、各地の軍事工場が被害を受ける中、各地で地下工場が作られた。掛川には中島飛行機地下工場があった。朝鮮の人たちを強制連行したようだ。いまでもその痕跡が残っている。
e0234922_16341849.jpg
e0234922_21234890.jpg
e0234922_21225660.jpg

[PR]
by neo-trip | 2012-08-11 21:24 | 戦争遺跡を訪ねて